Reaxys 講習会のご案内

Reaxys は、Webインタフェースを利用した、化学情報データベースソフトウェアです。 多くの化合物データベースに対して様々な検索や構築などを行うことが可能です。
講習会は、基礎編と応用編に分かれ、基本操作と実践的なテクニックを習得していただきます。 Reaxysの概要や具体的な活用方法および機能についてご説明いたします。

講習会名称Reaxys 講習会
日時2018年11月8日(木) 9:00-11:40
場所化学研究所 総合研究実験棟2階 演習室(CB206)(化研へのアクセス)
講師エルゼビア社認定講師 瀧本まゆみ様
対象京都大学に属する教職員/学生/研究員など
申込方法事前にスパコンシステム(spradm@scl.kyoto-u.ac.jp)まで以下の情報をお知らせください。
氏名:所属:メールアドレス:電話番号:SCLアカウント名
当日必要なもの 特に必要なものはありません。
内容

9:00-10:15
<基礎編> Reaxysの基本操作を確認しよう

  • Reaxysとは?
  • 主な検索方法(構造検索、反応検索)
  • 検索結果の閲覧(実験項、フルテキストリンク)、検索結果の分析
  • 物質・物性値の閲覧(スペクトルデータ等の表示)
  • 検索結果の絞り込み
  • 合成計画ツール
  • 検索結果の出力

10:25-11:40
<応用編> 実践的なテクニックを使いこなそう

  • 置換基の制御
  • 反応部位の指定
  • 原子・原子団の表記
  • 結合次数・状態の表記等
  • 検索結果の集合演算
  • R-Groupの指定
  • 選択的な官能基変換反応