京大化研ならではの恵まれた研究環境で,基礎化学の未解決問題を新しいアイディアで克服し,新しい表面・界面化学の領域創成を進めましょう!

令和3年度に大学院への進学をお考えの方は,ご連絡をお待ちします.

研究室情報はfacebookで発信しています!

新着情報

キーワード:赤外・ラマン分光法,有機薄膜太陽電池,プロトン伝導性高分子膜,
    フッ素化合物,界面化学,スペクトル解析(電磁気学およびケモメトリックス)

界面や溶液中での分子凝縮系化学は,分子間相互作用の強さと方向を同時に明らかにすることが不可欠です. 2次元分子凝集薄膜や溶液中での溶媒和の“断面”に関するイメージをより明確に描くため,新しい分光学的解析手法の開発や 高分子科学・界面化学・物理化学などにかかわる実験・理論の研究を進め,新しい化学像を描いていきます.

京大化研には,流行を追うのではなく,流行の先駆けを形にする,落ち着いて多分野の人と自由に交流して研究を愉しめる環境があります.


次年度以降の見学・相談希望者も随時受け付けています.お気軽に日程調整のご連絡をください.

連絡先: htakeshi(アットマーク)scl.kyoto-u.ac.jp