システムの紹介 各種手続き 使い方と注意事項 アプリケーション一覧 講習会情報 FAQ
HOME > システムの紹介 > 計算クラスタ

大規模計算クラスタ HPE Apollo 2000

計算クラスタ

大規模計算クラスタは HPE社製 Apollo 2000 (Intel Xeon 2.5GHz/2ソケット(40core)) が142ノード導入されています。

ハードウェア

大規模計算クラスタ Apollo 2000はCPUノード124台(搭載メモリ 384GB) およびGPUノード18台(搭載メモリ 768台)から構成されています。 どちらの計算ノードも、20コア Intel 64bit Xeon プロセッサ G6248 2.5GHz を2ソケット、40コアを搭載した計算ノードです。

GPUノードにはGPUボードとしてNVIDIA Tesla V100 (PCIe用)(32GBメモリ搭載) が1枚挿入されています。
なお、GPU計算ノードを利用する場合には、専用のバッチキュー(APGキュー)をご利用いただくことになります。

クラスタ構成のシステムは、ノード障害によるシステム全体への影響が最小限にとどまり、保守性が良いという特徴があります。

Apollo2000
CPUノードGPUノード
CPU型番Intel Xeon Gold 6248 (Cascade Lake)
基本動作周波数2.5GHz
L3キャッシュ27.5MB
ノードあたりのコア数40
ノードあたりのCPU理論演算性能3.2TFLOPS
ノードあたりの主記憶DDR4-2933 384GBDDR4-2933 768GB
ノードあたりの内蔵ディスク2TB SAS x2 (RAID1構成)
ノードあたりのGPUなしNVIDIA Tesla V100 x1
OSRHEL7
インターコネクトノード間:
InfiniBand HDR100 (100Gbps)
システム全体のノード数12418
システム全体のCPU理論演算性能396.8TFLOPS57.6TFLOPS
バッチキューQUICK, SMALL, APCQUICK, APG
NVIDIA Tesla V100 (PCIe用)
Compute Capability7.0
Micro architectureVolta
ピーク時のクロック1380 MHz
ピーク時の倍精度演算性能7 TFLOPS
ピーク時の単精度演算性能14 TFLOPS
CUDAコア数5,120
相互接続インタフェースPCI Express 3.0 x16
相互接続帯域幅(双方向)32GB/s
搭載メモリ32GB
メモリ帯域幅900GB/s

 

ソフトウェア

Apollo 2000 で動作するオペレーティングシステムは HPE Superdome Flex (以下 SDF ) と同じく RedHat Enterprise Linux (RHEL) です。
SDFで利用可能なアプリケーションは、Apollo 2000 でも利用可能です。また、GPUカードを搭載したノードが利用できるため、 GPU対応アプリケーションの実行も可能です。

 

関連リンク

HPE Apollo 2000
RedHat Enterprise Linux